チンコは自分で簡単に大きくすることができる!

チンコが小さい男性にとって、自分のチンコを大きくしたい!という願望は誰でもあります。

チンコが小さすぎてセックスがまともにできない人はもちろん、セックスはできても、もっと大きくて男らしいチンコでガンガン女性を攻めたい!という人は多いです。

でも、大人になってチンコの成長が止まってしまってからでは、これ以上チンコは大きくならない・・・

そう思って諦めてませんか??

チンコは大人になってからでも、自分で簡単に大きくすることができるんです!

「そんなことあるわけない」と思ってる人でも、ちゃんとチンコの仕組みを理解していれば、チンコを大きくすることができることがわかるはずです。

このサイトでは、実際にチンコを自分で大きくした僕の経験をもとに、誰でも簡単にチンコを大きくする方法をご紹介したいと思います。

チンコが大きくなると男としての自信が出てきます!
彼女や奥さんとのセックスが一変します!

ぜひ自分のチンコを大きくして、男の自信を手に入れてください!

大人になってもチンコが大きくなる理由

なぜ、大人になってもチンコが大きくなるのか?

そこを理解しないと、チンコを大きくするための本気度が入らないですよね。

チンコは細胞と筋肉でできている

チンコが「海綿体細胞」と呼ばれる細胞でできているのは知ってるかと思います。

正確にいうと、チンコは海綿体細胞と下腹部からつながる筋肉でできています。勃起したときに力強く反り返るように勃起するのは、下腹部からの筋肉の力です。

腕や足のようにチンコには「骨」はありません。

細胞と筋肉は大人になっても大きくなる

背の高さ(身長)や体の大きさを決めるのは骨です。

生まれてから思春期を過ぎるころまで、足や体の骨が伸びることによって背が大きくなり体も大きくなっていきます。男性の場合は骨が太くなって「がっしりした男らしい体つき」になっていきます。

ただし、骨は思春期を過ぎて成長が止まると、そこから一生伸びません。そのため、背の高さも成長期が過ぎて止まると、そこから伸びることはありません。

一方、チンコは違います。
なぜなら、チンコは細胞と筋肉でできているからです。

食べ物を食べ過ぎれば、細胞が大きくなって体が太っていきますよね?
筋トレをすれば、筋肉が肥大して腕や体が大きくなっていきますよね?

チンコも同じです。

チンコも細胞と筋肉でできているので、細胞の成長に必要な成分が与えられて、チンコの筋肉を鍛えるトレーニングをしてあげれば、チンコも体のように大きくなるんです!

ここを理解しないで「大人になったからチンコは大きくならないよ」と諦めている人が多い。実にもったいないことです。

チンコを簡単に大きくする方法

さて、僕は「自分で簡単にチンコを大きくした」と最初に言いました。

もちろん人によって簡単かどうかって判断は違いますが、誰でもできることで、自分でできることで、かつ確実にチンコが大きくなる方法です。

ぜひ、これから紹介するチンコを大きくするための3つの方法を実践してみてください。

チントレ(チンコトレーニング)

チンコを大きくする方法に「チンコトレーニング(チントレ)」というものがあります。

チンコを増大させる目的のためのトレーニングで、主に下腹部からつながる筋肉を鍛えて太くしてチンコを大きくするためのものです。

筋トレでチンコが大きくなるのか?と思うかもしれません。

たしかに、目に見えるほど劇的な変化があるわけではありません。

ですが、このあとご紹介する方法と一緒にやることで、お互いの増大効果を促進させる相乗効果となってチンコが大きくなっていきます。

チンコをでかくするチントレには3種類のメニューがあります。

  • チントレスクワット
  • チントレ腹筋
  • チントレ伸ばし

具体的なチントレのやり方については、以下のページでくわしくまとめてあります。ぜひやり方を学んで今日からでも実践してみてください!

参考:チンコをでかくするチントレのやり方

オナ禁・セックス禁止(射精禁止)

カリオナペスというのをご存知ですか?

カリオナペスとは、オナニーやセックスを禁止して、射精を禁止してチンコを大きくする方法です。

チンコの成長に欠かせないのが、男性ホルモン(成長ホルモン)の働きです。成長ホルモンがチンコに作用することで、男らしい太く大きなチンコになります。

ところが、この成長ホルモンは、オナニーやセックスなどで興奮して射精をすると、そちらの精力の盛り上がりに使われて放出されてしまうんです。

頻繁にオナニーやセックスで射精をしていると、成長ホルモンがチンコの成長に回らずに精力の盛り上がりに使われてしまいます。だからチンコが大きくならないんです。

カリオナペスとは、オナ禁・セックス禁止で射精を禁止して、成長ホルモンの放出を留めて、本来のチンコの成長に使われるように促す効果があるんです。

男として、オナ禁やセックス禁止はつらいことですが、チンコを大きくするための方法として、チンコを大きくする期間中は我慢してください。

ペニス増大サプリを使う

自分でチンコを簡単に大きくするために一番重要なのが「ペニス増大サプリを飲むこと」です。

上記で紹介した「チントレ」と「カリオナペス」と合わせて飲むことで、お互いの相乗効果でチンコが劇的に大きくなっていくはずです。

増大サプリとは、文字通り「チンコを大きくするためのサプリ」で、チンコを大きくする成分が配合されているサプリメントです。

チンコを大きくするためにもっとも効果があるといわれている成分が、以下の3つの成分です。

  • シトルリン
  • アルギニン
  • 亜鉛

シトルリン

シトルリンは、チンコの血流を増大させる効果があります。

チンコの海綿体細胞は、チンコに流れる血液の量に反応して勃起します。血液の量が多くなればなるほど海綿体細胞が大きく膨張するからです。

これは通常時のチンコも同じことです。

通常時の血流が良くなれば、やはり海綿体細胞が大きくなるので、通常時のチンコのサイズも大きくなるわけです。

アルギニン

アルギニンは、チンコの成長に必要な「成長ホルモン」を生成するために不可欠な成分です。

アルギニンを摂取して成長ホルモンの分泌を促すことで、より多くの成長成分がチンコの行き届くようになり、チンコが大きく成長します。

また、アルギニンは精力を盛り上げる(体の活力・やる気をアップさせる)効果もあるので、

  • セックスの時にイマイチ盛り上がらない
  • 勃起が続かず中折れしてしまう
  • 最後までイク(射精する)ことができない

といった悩みを解消する効果もあります。

亜鉛

亜鉛は、男性ホルモンの働きを活性化させて精子量を増やす効果があります。

精子量はチンコの大きさ・体のやる気に関係してきます。

精子量が多くなると、勃起したときにはち切れるようなギンギンとした勃起力が手に入ります。この勃起力もチンコのサイズには重要で、セックスの快感・気持ちよさにつながる部分です。

増大サプリには、この3つの成分が配合されているものが多いです。

シトルリン・アルギニン・亜鉛は、通常の食生活ではあまり摂取できません。特にシトルリンとアルギニンについてはほとんど摂取できてないといっていいでしょう。

だから、増大サプリが効くんです。

普段の食事ではとれないシトルリンとアルギニンが効率よく配合されているので、乾いた大地に水が染み渡るように、チンコにめちゃくちゃ効いてチンコが大きくなるんです。

ちなみに、増大サプリをいろいろ試した中で、もっとも効果を実感できた増大サプリが「ヴォルスタービヨンド」という商品です。

1つのカプセルの量が545mg(内容量445mg)と、増大サプリの中では最大サイズ。

この中に、シトルリン・アルギニン・亜鉛が目一杯配合されています。

シトルリン・アルギニン・亜鉛といった増大成分は、成分を摂取すればするほど(成分の粉末の量が多いほど)増大効果が大きくなります。

最大サイズのカプセルを1日3回飲むことで、シトルリン800mg、アルギニン200mg、亜鉛12mgを摂取できます。これは人間が1日で吸収できる最大量です。

だからチンコを大きくさせる効果が抜群なんです。

ヴォルスタービヨンドでチンコを大きくした体験談は、以下のページでくわしくまとめてあります。ぜひ合わせて読んでみてください。そしてヴォルスタービヨンドを試してみてください!その効果に驚くはずですよ!

参考:ヴォルスタービヨンドでチンコを大きくした体験談はコチラ

チンコを大きくするためのまとめ

さて、ここまで、僕がチンコを大きくするために実践した3つの方法をご紹介しました。

どうですか?
めちゃくちゃ簡単な方法じゃないですか?

  • 筋トレ(チントレ)して
  • オナ禁・セックス禁止して
  • 増大サプリを飲む

この3つだけです。

この3つで一番大変なのはオナ禁くらいです(笑)

チンコを大きくするためだから、しばらくの間は我慢しましょう。もちろんたま~~~にならいいと思います。僕もたま~~にオナニーしてました。でも今までのように毎日するのはダメです。

この3つを実践するだけで、チンコは簡単に大きくなります!

「本当に効果があるの?」と、まだ半信半疑の人がいたとしても、とりあえず試してみてください。試すだけでも簡単に試せるでしょう。大変なことは何もありません。

「試すだけ」と思っていても、結果としてチンコが大きくなるのだから、その結果に嬉しくなるはずですよ!!